援助交際でその日暮らし!ヤフーTopにも紹介されるほど深刻化する貧困女子問題

東京、大阪、名古屋など都会の片隅で援助交際、割り切りしながら生活する女子

MENU

住民票も持たずネカフェで寝泊まりしながら・・・

 

援助交際でその日暮らし!ヤフーTopにも紹介されるほど深刻化する貧困女子問題

 

昼間に何気なくネットサーフィンしていたら、ヤフーのトップページに
「都会の片隅で”見えないホームレス”になる貧困女性たち」
という記事を見つけたので、ここで簡単に紹介したいと思います。

 

詳しい記事をご覧になりたいからは、ここから読んでください。

 

記事では、二人の女性が紹介されていました。

 

27歳のOL風な女性

最初に紹介されていたのが、どこにでもいそうな普通のOL風の女性。

 

服装やメイクもきっちりとしており、ぱっと見ではホームレスに見えないという彼女。

 

しかし、所持金は3,000円、貯金もまったくないため、午前中にすいてる時間帯にネットカフェのデイユースパック(1,000円)で一日の大半を過ごしているそうです。

 

32歳の元保育士さん

 

つづいて紹介されていたのが、去年の夏からネカフェを宿にするようになったという女性。

 

保育士の激務で体を壊して退職してから、わずかな貯金も食いつぶしてしまったという彼女。

 

再就職しようにも、住所を持たない人間を雇ってくれる会社など、まず見つかることはありません。

 

 

結局、同じような境遇でネカフェにいる女性同士で情報交換しながら、出会い系サイトで割り切りして日銭を稼いでいるそうです。

 

こういった女性の他、旦那(彼氏)のDVから逃げてきたり、ストレスや過労によるうつ病など精神疾患でまもとな社会生活を送るのが困難な女性も多いとか。

 

出会い系の援交が悪いとは、いちがいに言えない?

 

私は、こういった女性に対するインタビューも仕事にしてるので、今さらこのような記事を読んでも驚くことはありません。

 

しかし、こうやってヤフーのトップページに掲載されるほど貧困女子問題が蔓延しているんだな、と再認識した次第です。

 

 

また、不謹慎な言い方を承知で個人的な意見を言わせてもらうと

 

出会い系サイトで知り合った貧困女子と割り切りで遊ぶことは人助けにもなっている!

 

と思っております( ー`дー´)キリッ

 

もちろん、レイプ、(嫌がる女性を無視した)中出し、ハメ撮り撮影などをする人は論外です。

 

しかし、キレイ事だけでは世の中生きていけませんからね。

 

楽しく女性と遊べるアナタの力を必要としている女性は、想像以上に増え続けています。

 

 

>>初心者でも安全に遊べる大手出会い系サイトはこちら